「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

ライマン・ホームズの航海日誌 刊行によせて(小沢一郎議員)

 ジョン万次郎を救った捕鯨船の記録で捕鯨船の若き水夫・ホームズの『航海日誌』を和訳した本が発刊され、その本に小沢一郎氏がコメントを投稿しております。

 小沢一郎氏が「刊行によせて」という一文を書いており、出版社の許諾を得て、その全文を紹介します。

ライアン・ホームズの航海日誌

  刊行によせて(本書より)

       衆議院議員・CIE(Center for International Exchange)会長 小沢 一郎

 日本の近代化に尽した人物は大勢いるが、漂流少年ジョン万次郎の功績は特筆すべきである。そのジョン万次郎を永年にわたり研究し、私たちに貴重な情報を提供しながら、万次郎の功績を顕彰する国際草の根運動を支えてくれているのが、慶應義塾大学元教授の川澄哲夫氏である。

 この度、『ライマン・ホームズの航海日誌』の全訳が、バイリンガルで出版されることになった。川澄氏のライフワークの完成であり、病身を押しての必死の努力に敬意を表したい。

 この『航海日誌』は、私にとって忘れることができない因縁がある。実は、米国の古書店で2000年に入手したのは、私の慶應義塾大学時代の同級生・涛川和夫氏であった。神田神保町で洋書店を経営している人物だ。

 2001(平成13)年2月、川澄氏を通じて「この航海日誌は、19世紀の太平洋における海洋文化、資源確保そして日本の開国の原因を究明できる重要な資料なので、日本での古書オークションに出したくない。ジョン万財団で購入してはどうか」との話があった。

 ジョン万財団(CIE:財団法人ジョン万次郎ホイットフィールド記念国際草の根交流センター)に、資金的余裕がなく、とりあえず私が入手して、CIEに寄贈することを前提に購入した。
現在はCIEに寄贈し、そこで管理している。一日も早く全訳し、万次郎の研究者たちだけでなく、国民の共有財産になることを祈念していた。

 万次郎らを救助した「ジョン・ハウランド号」には、ホイットフィールド船長による公式の航海日誌があるが、それとは別に若い水夫が克明に記録した日記があることは、奇跡的なことである。
ハーマン・メルヴィルの『白鯨』の裏づけともなるもので、一日も早く全訳することを期待したが、3年6ヵ月と7日間という長期間の膨大な記録のため、簡単には進まなかった。

 そこで関係者が相談して『航海日誌』を、川澄氏に要約してもらい、慶應義塾大学の阿川尚之教授に「万次郎の見たアメリカ」、私が「万次郎に学ぶこと」の一文を書き、平成13年7月に『ジョン万次郎とその時代』(廣済堂出版)を刊行した。このホームズの航海日誌は、ホイットフィールド船長の公式『航海日誌』と食い違うところもあり、全訳の刊行が期待されていたものである。

 ホームズの『航海日誌』は、1839年1月26日(火)から始まり、1843年5月8日(月)に終わっている。日誌の最後を「鯨捕りの掟」で結んでいる。

 「汝は6日間、労をおしまず、力のあらん限り働け。そして7日目に、血ぬられた甲板を、ごしごしとこすり、洗い清め、その上、ケーブルをきれいに磨くのだ」と。捕鯨という19世紀の資源確保に、民衆がいかに活躍したか。民衆が時代を支えていたことがわかる。

 『白鯨』の著者、ハーマン・メルヴィルは、ホームズと同じように捕鯨船の水夫であった。捕鯨船の生活に堪えられず文筆家になったといわれている。名著『白鯨』の中で、日本の鎖国が捕鯨船の活動にとって大きな障害になっており、「日本を開国するのは捕鯨船である」と記してある。 1851年11月のことだ。
捕鯨船の若き水夫・ホームズの『航海日誌』は、それを証明するものといえる。ジョン・ハウランド号が万次郎らを救助した1841年6月28日の日誌は、次のように綴っている。

 「午後1時、2隻のボートを下ろし、岸辺に海亀を探しに行く。
3時にボートは戻ってきた。5人の中国人か日本人を連れ帰った。
難船して、この島に漂着したということだった。彼らは、泳いでボートに乗り移ってきた。何もしゃべらない。お互いに、身振りと手振りでしか、相手の言うことが理解できない。海岸に衣類と数個の箱を残してきたと言っているようだ」(以下略)。

 万次郎らを救助した状況を、実に冷静に記述している。日誌とはいえ事実はいかなる想像より力強くロマンチックなものである。

 米国捕鯨船に救助された万次郎は、ホイットフィールド船長の人類愛で米国で近代社会に学び、一流の航海士となり捕鯨船員となる。10年後、捕鯨船のためにも日本のためにもと、開国を訴えるため命を懸けて日本に帰国する。万次郎が日本の開国と近代化について、どのような活躍をしたのか。川澄氏や万次郎の子孫・中浜博氏らの研究があるので、そちらに譲る。 CIEの運動もこの『航海日誌』の全訳で、さらに活発となると確信している。

 最後に、本書の刊行にあたって、格別の配慮をいただいた慶應義塾大学出版会の関係者に心から感謝の意を表しておきたい。
   2012年10月

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆出版案内

 ライマン・ホームズの航海日誌― ジョン万次郎を救った捕鯨船の記録

※詳細は、画像リンクの添付PDFファイル(ビラ)を参照してください。
 裏にファックス注文書がありますので、必要事項をご記入の上、送信してください。
 送料無料で届きます。
 先にご案内した、ホームページから注文される場合も同様です。

                                         日本一新の会事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ