「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―200

                                日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 会員の皆さん 都知事選へのご支援はおつかれさまでした。結果は残念なことに終わり、皆さんの努力は報われませんでしたが、以下に私の思いを述べますので、参考にして下さい。


〇 東京都知事選挙の結果をどう考えるか!

 2月7日(金)午後8時から中野サンプラザで、『東京が日本を変える会』が主催する、「細川元首相を支援する政談演説会」に出席して、友人の自動車で柏市の自宅に着いたのが午後11時過ぎだった。雪が積もり始めていた。8日の選挙最終日と9日の投票日の天候が気にかかった。

 心配したとおり、8日の首都圏は45年ぶりの大雪となり9日の東京の道路状況は最悪となる。加えて、ロシアのソチ・冬季オリンピックの開会と重なり、都知事選の投票率は最悪の46・1%となった。

 ほとんどのテレビが大雪とソチ・オリンピックに集中するなかで、NHKは投票終了時間の午後8時過ぎると同時に、桝添候補の当選確実と報道した。不安は的中したが失望はしなかった。細川元首相が敗北の記者会見を行った直後、成田憲彦氏(細川首相時代の秘書官)から電話があった。「細川さんから伝えてくれとのことだが、敗北は残念だがいろんな成果があった。過去20年、佐川問題が疑惑化され背後霊のようになっていた。都知事選で真実が証明され背後霊がとれ、これまでの言動の正当性を明らかにできた。家族ともども喜んでいる。

 脱原発の活動に火をともす役割は果たせた。これからも仲間を増やし、結集して、都民・国民に訴えたことを実現していく。よろしく」とのことであった。


(佐川問題の顛末)

 平成時代となって、わが国が民主主義社会に成熟できない理由に、質の悪い政治勢力がマスメディアを利用して、真実を曲げ、スキャンダルをでっち上げて疑惑とし、改革を実現しようとする政治指導者を政治的に葬るということが頻発した。

 代表的な例は、細川さんが首相時代に自民党と共産党がでっち上げた「佐川問題」だ。それと、政権交代で首相への道が見えていた小沢一郎民主党代表の「西松・陸山会問題」だ。平成6年4月の細川首相の退陣は「佐川問題」で、細川首相の説明が真実だとわかっていながら、自民党・共産党両党が、倒閣のため異常な追求を行った。それだけでなく、細川連立政権の一画にいた社会党左派と新党さきがけが、自民党に裏で同調し、政権維持の自信を失ったのが理由である。

 私が細川元首相陣営に協力したのは、「佐川問題」を自民党が再びスキャンダルとしてでっち上げて、選挙妨害を始めたのがきっかけである。これを巨大メディアを利用して、日頃から手がけているコメンテーターが一斉に疑惑を指摘したやり方は、日本の政治文化の汚点である。本来は批判すべき立場の有識者がこれでは、公正な社会は運営できない。幸い真実を求める人たちの協力により、明確な証拠で細川元首相の「佐川問題終了宣言」を発信できた。それにしても、自民党・共産党といい、巨大メディアといい、このままではわが国の民主主義への道は遠い。


       ☆以下、有料配信(上部ナビの「入会のご案内」を参照下さい)
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ