「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―285

             日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

 彼岸が過ぎ「安保法制国会」が終わると、急に秋が訪れた。櫻の葉の色づきが何時もより早いと思ったら10月に入っていた。18週続けた「安全保障法制関連法案を廃案にする〝死角〟がありますよ!」も、先週の「安保法制騒動総括記」で幕を閉じる。

 次は「安保法制廃止運動」を何としても成功させなければならない。そのため「メルマガ・日本一新」の構成を進化させたい。基本方針として、前半は政治・経済・社会など時々のトピックを評論する。後半では「安保法制廃止」を目指して安全保障の基本問題を連載のかたちで執筆したい。従って、13回続けて中断している『平成の日本改革の原点』の再開は、他日を期すことでご理解頂きたい。

 

(野党の協力体制はつくれるのか!)

 

 安保法制法の成立で、次なる政治課題は来夏の参議院選挙がどうなるかに移った。多くの国民は、野党の協力による参議院選の勝利が「安保法制法廃止の第一歩」として期待している。野党間の協議も始めているが、今ひとつ先が見えない。年内には基本方針を決めないと国民の期待を裏切ることになる。

 

 野党協力の必要性は、昨年の衆議院選挙で小沢一郎生活の党代表が「オリーブの木方式」による「比例区統一名簿」の選挙協力を提唱して以来、多くの国民は野党協力による政権交代を熱望している。各党もそれに刺激され独自の主張をするようになった。

 共産党は安保法制が成立した9月19日に、廃止のため「国民連合政府」をつくりたいと野党に呼びかけた。これに対して小沢生活の党代表は「共産党の頭の切替と、素早い行動を他の野党も見習うべきだ」と評価した。

 

☆ 以下、有料配信

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆「日本一新の会」に入会をご希望の方は、本稿の上部ナビにある「入会の

     ご案内」を参照してください。

 

☆維持会員の方でメルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は、

  事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ