「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―292

             日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

〇『サンデー毎日』村上正邦氏との対談で考えたこと!

  11月11日(水)、村上正邦氏(元自民党参議院議員会長)と『サンデー毎日』で対談した。司会はジャーナリストの鈴木哲夫氏で、テーマはふたつだった。

1)日本政治の劣化は何時からどういう理由で始まったか、

2)どうすれば政治を再生できるか。

 

 11月24日(火)に発売されるが約2時間にわたる大所高所からの政談であり、多分問題発言は削除されると思うので、敢えてここに取り上げておきたい。

 

1)森喜朗政権(平成12年4月)から急速に深まる政治の劣化

 村上氏が、政治の劣化の原因を『小選挙区制』の導入にあると主張したので「どんな制度でも使う人間によって善くも悪くもなる。立憲政治を狂わせたのは村上さんが主役だった。派閥の談合で森政権をつくったことにある」ということから議論となる。

 

〇平野 森喜朗政権は立憲主義と憲法を冒涜してつくられた。村上さんにも責任があるが、貴方の直後の発言が密室談合政治を 暴露することになった。国民に議会民主政治のあり方を喚起した。それを青木官房長官が怒り恨みとなる。さらに政治家としての資質で辞任した森首相に代わった小泉首相は、村上さんに政敵という遺恨を持っていた。この二人の怨念が村上さんを政界から葬るため「KSD事件」をでっち上げ、冤罪をつくり上げたと私は思う。これと同時進行となったのが、かの検察庁挙げての「裏ガネ問題」だった。検察は福岡高検検事長人事で、小泉政権に大きな「借り」をつくることになる。以後自民党政権と検察の癒着が続き、立憲政治・議会民主政治が著しく劣化していく。

 

〇村上 私のKSD事件の冤罪が、日本政治劣化の切っ掛けという見方は初めて聞く。しかし言われてみれば納得できる。実は森政権をつくる時、青木は私に「一番最初に小渕首相の病気のことを話した」といっているが、それは嘘で森喜朗幹事長に話してポスト小渕を森と固めてからその方向に持って行くために、僕に最初に相談する形をとった、という見方が出て、その証拠があるということで調査している人物がいる。ところで小泉後の政治の劣化について、わかりやすく整理して説明してくれ。

 

 これに対して私が整理した要点は、

1)村上さんに対する恨みは、厚生大臣対参議院自民党幹事長時代の平成九年、村上幹事長が参議院の独自性を主張し、ある事件で小泉厚相に謝罪させたのが原因。それに青木の森政権づくりを暴露された恨みが重なり、平成13年にKSD事件として仕組まれる。司法も絡んで冤罪がつくられた。

2)平成14年、小泉氏の党内政敵・鈴木宗男氏が北海道の「やまりん事件」等で逮捕起訴・有罪、これも冤罪。

3)同年小泉首相の生みの親が。政権のガンとなったといわれた田中真紀子氏が公設秘書給与流用疑惑で議員辞職に追い込まれた。不起訴になったが、小泉首相周辺の働きかけにより特捜の捜査が行われている。

4)平成16年の日歯連ヤミ献金疑惑で、橋本派の村岡兼造氏が在宅起訴。小泉政権のため大派閥の首脳たちの犯罪に寝耳の水の村岡氏を人身御供にしたものだ。

 

 以上が小泉政権での事実上の指揮権発動だ。この他に官僚関係では平成14年の検察裏ガネ問題の三井大阪高検公安部長の逮捕。同年の外交官・佐藤優氏が鈴木宗男事件に絡む背任容疑での逮捕などがある。これらも冤罪だ。

 極めつきの立憲主義冒涜は、小泉政権の検察との癒着をさらに悪質にしたのが、平成22年の小沢一郎民主党代表を政界から排除し、政権交代を阻止しようとした「西松事件・陸山会事件」だ。麻生政権が仕組んだ冤罪事件で、世界の議会史でも希有な事件であり詳細は省略する。問題は議会政治を監視すべきマスメディアが、こぞって政府権力の手足となったことだ。

 

 さらに許せないのは事実上小沢さんの指導力で政権交代ができた民主党指導者の中に検察や司法最高幹部らと策を弄して、検察審査会制度を悪用し、検察が不起訴と決したことを裁判までもっていったことである。これにより民主党が官僚の僕(しもべ)になり、国民との政権公約を裏切り現在の「一強多弱」という異様な政治状況となったことだ。安保法制問題で「立憲主義の危機」と憲法学者は叫んでいるが、我が国は相当前から立憲政治は行われていない。

 さて第二のどうすれば政治は再生できるかのテーマだが、村上さんは「政治家を教育し直すことだ」という意見だったが、私は「教育する立場の人間に問題がある」と意見だ。というよりも、「現代は、日本とか政治とか、経済問題などのレベルを超えて、『人類存在の危機』という発想が必要だ」と。

 続きは次号にしよう。


☆ 以下、有料配信

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ☆「日本一新の会」に入会をご希望の方は、本稿の上部ナビにある「入会の

     ご案内」を参照してください。

 

☆維持会員の方でメルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は、

  事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

 

プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ