「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―117

                          日本一新の会・代表 平野貞夫妙観

 

(かくして『国民の生活が第一』が生まれた!)  

 

 7月8日(日)、小沢一郎新党代表はNHKの日曜討論に出演して、民主党を離党して新党を結成した理由や、新党の基本方針を明らかにした。注目したいのは『国民の生活が第一』は、単なるスローガンではなく「新党の理念だ」との見解を示したことだ。

 野田民主党政権は、政権交代で国民と約束したことを反故にして、自民・公明の要求に意図的、かつ積極的に同調し、「約束したやるべきことをやらずに、消費税増税を強行」することになった。これは国民への背信行為である。議会民主政治とは、政権交代を前提とする総選挙で、国民と約束した政策を実現することで機能する。総選挙で自民党政治を批判して、それに代わる政策を提示し、国民に支持されて政権交代した民主党が、反対党が公約した「消費税増税10%」を実現し、民主党の公約を棚上げ実現不可能とする「密室談合政治」を恥じることなく断行したのだ。

 これでは、政権交代総選挙で「任期中は消費税増税しない」と約束した民主党に投票した有権者はどうなるのか。「総選挙における国民の政策選択権を冒涜」したものである。これは、民主主義を根底から覆すものであり、野田首相は「政治生命を賭けて議会民主政治を破壊した」といえる。 

 この基本原理を理解できない国会議員が、わが国では絶対多数である。これを国家の悲劇といわずして何というのか。さらに、わが国の憲法・政治学者が何の批判もしない。日本が民主主義国家といえるかどうかの問題だ。

 民主党の中には、野田政治を「議会民主政治の危機」との感性を持つ国会議員がいた。国民との約束を守って民主主義を再生しようと、民主党を離党することを決意して新党結成に至るわけだ。

 民主党内には野田政治に抵抗して離党への悩みを深くする人もいる。すでに、自民党との連携で利権政治を復活させることをスタートさせたグループもいる。明確にいえることは、政権交代したときの民主党は完全に「脳死状態」になったことだ。

 そこで「日本一新の会」では、民主党の野田政権とは何であったか、その実態を習知させるため、野田政権成立以後の「メルマガ・日本一新」での論評を整理編集し、小冊子「かくして『国民の生活が第一』が生まれた』を作成した。私たちは『国民の生活が第一』の結成をわが国の議会民主政治再生の出発点と意義づけている。『国民の生活が第一』結成の「平成24年7月11日」を歴史に遺るものとしなければならない。

 問題は、民主党から離脱した『国民の生活が第一』を結成した人たちが、首相官邸を取り囲んだ20万人デモの受け皿になることができるかどうかだ。「反消費税増税」、「脱原発」、「生命と生活を守る」という民衆の願いを実現する政治のため、この小冊子を参考にされたい。

 

(国民は『国民の生活が第一』に既成政党政治の打破を期待している)

 

 小沢新党の結成で、政治がどう変わるか。そしてどの程度の支持を受けて、どのような活動をするか、多くの国民は強い関心をもっている。 既得権益で生きるマス・メディアや有識者は、小沢新党、即ち『国民の生活が第一』に展望はないと、口を揃えて発言している。これは小沢氏率いる『国民の生活が第一』を感情的に憎悪し、発展を妨げるためである。

 次の資料を凝視されたい。

 《資料》小沢氏らの民主党離党への世論の動向

            1)各党支持者の小沢氏ら民主党離党について

                       支持政党名  支持する しない

                   民主党     74%   26%

                   自民党     57%   36%

                   公明党     57%   38%

                   みんなの党   84%   13%

                   共産党     84%   12%

                   社民党     86%   13%

                   新党きづな   100%       

                   国民新党    91%     9%

                   たち日本    63%   24%

                   新党大地    95%    5%

                   新党改革    25%   50%

                   新党日本    97%     1%

                   その他     88%     9%

                   支持政党無   77%   20%

           2)全体調査Yahoo!・みんなの政治(7月11日・投票総数15.416人)

                 離党支持    75%  離党不支持    22%

         3)全体調査Yahoo!・ニュース(7月11日・投票総数120.986人)

                 離党支持    55%  離党不支持    40%

 

  最初に断っておくが、この調査は「小沢新党の支持率・不支持率」ではない。あくまでも民主党を離党したことへの反応である。

 また、ご承知のように「Yahoo!・みんなの政治」の調査は、政治に関心の高い人たちを対象としたものであり、「Yahoo!・ニュース」の調査は、普通の人たちを対象としたものだ。まず、全体調査ではYahoo!・ニュースの数字(支持率55%―不支持40%)が全国民の世論に近いと思われる。Yahoo!・みんなの政治は政治を理論的に捉える人たちが多く、過去の調査結果から見ても、小沢代表について高い数値が出る傾向がある。

 ただし、各メディアによる小沢氏らの離党調査、支持13%~24%、不支持71%~78%という数字は、不適切な調査(日中で在宅の固定電話に限られた調査)によるものだ。意図的に離党不支持を拡大して報道する、特定の狙いのある数値だ。また、この数値は時と共に変化する。

 注目すべきは、各政党支持者の反応である。政治を理論的に考える人たちが、それぞれ支持政党を持って回答しているわけだ。総体として小沢氏らの離党を評価しているといえる。既成政党支持者の中に、大きな変化を期待している人たちが多数いるのだ。

 みんなの党支持者については、小沢新党への移動がうかがえる。無党派は小沢新党がどんな理念と政策で活動するか、期待しながら冷静にみつめている状況である。

 これらの調査を総括すると、政治に関心の高い人たちは、政党再編による政治の浄化を要望し、その先導を小沢新党に期待しているといえる。潜在的な支持は大きく、問題は小沢新党に参加するメンバーの政治的見識と覚悟である。21世紀の新しい議会民主政治を創造する歴史的役割を担っていると自覚して欲しい。

 このメルマガを執筆中、朝日新聞が7月8日に全国定例世論調査を行った結果を報道した。(7月10日付)。例によって固定電話による在宅調査で不適切なものだ。その中に「小沢新党に期待しますか、期待しませんか」という設問があった。回答は「期待する14%、期待しない81%」であった。これから結成する政党に「期待しない」という設問をすることは、悪意と無礼の極みである。民主党や自民党に同じ設問をするとどうなるか、この際それはさて置く。小沢新党に「期待する14%」は、このまま支持率といえる。民主党「前回17→15」自民党「前回15→13」の支持率と比べると、「小沢嫌いの専業主婦層」でも政治意識に変化が生じたことがわかる。

 小沢新党結成後の政界の底流は、既成政党を分解させる中で新しい政治構造を創る動きとなる。これに抵抗するのが既得権を死守しようとする官僚守旧派、巨大メディア、財界、労組守旧派である。彼らは民主・自民・公明三党の政治支配を続けようとする。国民の大勢はそれを許さない事態となった。『国民の生活が第一』を結成した国会議員は自信を持って、大胆に国民に訴えて活動して欲しい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ