「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―150

                                   日本一新の会・代表 平野貞夫妙観

 来たる3月7日-2午後6時30分から、池袋の豊島公会堂で『小沢一郎議員の無罪判決確定報告』と『石川知裕、大久保隆規、池田光智秘書の無罪を勝ちとる国民大集会』が開かれることになりました。

 小沢一郎・生活の党代表の出席が予定されています。これまでの国民の皆様のご支援へのお礼の挨拶と、これからの活動についてお話しがあると思います。、万障お繰り合わせの上、お仲間をお誘いあわせて、多くの方々のご参加をお願いします。

 ○政治家小沢一郎を考える!
(旧体制の標的となった政治家・小沢一郎)


 ここ3年8ヶ月続いた小沢さんの政治資金をめぐる捜査と裁判は、法治国家や民主主義国家ではあり得ないできごとであった。政権交代への国民の要望が大きくなり、次期首相の可能性が最も高い野党第一党である民主党小沢代表を、なんの証拠もなく強制捜査する国家権力がこの日本国に存在したのだ。わが国では、憲法の基本的人権や国民主権は机上の空論であったことが露呈したのだ。

 巨大メディアはこぞって国家権力を煽り、国家権力は証拠を挙げられないと証拠の偽造までやったのだ。より大きな問題は、政権交代を果たした民主党である。菅民主党政権では「小沢を排除すれば支持率が上がる」という一部マスコミの虚言にのって小沢氏攻撃に荷担した。政権交代を成し遂げた最大の功労者を、党内抗争で自己の政権維持に利用しようとする異常な権力者たちに、真っ当な政治ができるはずはない。その結果が総選挙による民主党の事実上の惨敗だ。

 この3年8ヶ月、小沢さんに政治活動の自由はなかった。それは政治家にとって地獄にいる思いであったと思う。ところが本人は「これは私個人の問題ではない。日本の民主主義の問題である。天命に遊ぶ心境だ」と、平然としていた。状況からいえば、旧体制の総攻撃に政治生命を失う可能性もあった。何故「小沢排除」が行われたのか、小沢さんと大下英治さんの問答が参考になる。   
     
(サンデー毎日・2月24日号)
 ○大下 安倍自民党の成長戦略に対する、生活の党・小沢一郎は日本をどう成長させるのか。
 ○小沢 みんな談合体質なんです。それを裁ち切って打ち壊さなきゃ日本はうまく行かない。
 ○大下 その談合体質にメスを入れるという立場からいえば、〝邪魔者〟にされたという認識はありますか。
 ○小沢 僕は旧体制の人たちにとって完全な標的ですよ。

 小沢さんの政治信条「談合体質を裁ち切る」は、昭和44年の国政参加以来、一貫した主張である。また、小沢さんは週間ポスト3月1日号で、自民党を離党して20年間、目標とする健全な議会民主政治の定着ができないことについて、自分にも責任があるが「旧体制の恨みと反撃が強かった」と語っている。

《以下 割愛》

★追記
 2012年9月度より、会員用発行記事については、3割レベルの転載に成りました。
 情報掲示としては、少なく成りますが、ブログとして一部転載を継続して行きます。
 尚、会員には、会員用ブログと全文のPDF、事務局コメントがメール配信されております。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ