「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

サンデー毎日6月2日号

 既に読者の皆さんは承知かと思うが『独占インタビュー90分 小沢一郎戦闘宣言 アベノミクス崩壊は近い!』を特集した、サンデー毎日6月2日号は、是非ともお手にとって読んでいただきたい。「命もいらず、名もいらず・・・『日本改造計画』から20年」小沢さんの並々ならぬ決意が存分に語られている。

 

 テーマは、△秘話「北方四島は数兆円」で合意していた、△憲法96条改正は筋違い、△安倍政権は米国から危険視、△「小沢王国」乱立選挙の真相、△「中国大動乱」に備えよ、△民主党は行き着くところまで行く、△分権革命で「統治機構」を変える、などなどである。

 

 少し思い返して欲しい。あの熱狂的で、一時期はマスコミの世論調査で支持率9割弱をたたき出した『小泉改革政権』について、舌鋒鋭く矛盾点をついたのは、当時、保守党と分裂して少数党に陥っていた小沢自由党だけであった。

 他の野党は教条的な批判はするものの、「はぐらかし答弁」に長けた小泉首相に適当にあしらわれ、真っ当な国会質疑にはならなかった。唯一、小沢自由党の論客・平野貞夫参議院議員の質問を心底嫌がった、という逸話が残っているほどだ。あの当時も「小沢の政治生命は終わった」と、週刊誌を始め、あらゆる媒体が書きたてたが、結果は、マスコミが期待したことにはならなかった。

 

 ついては、近々、別の週刊誌にも登場するという風の便りもある。サンデー毎日は4ページ建てであったが、漏れ聞くところによると、6ページ分の原稿を組んでおり、内容を調整中であるとも聞こえている。週刊誌は『輪転機』が回り始めないと誌面は確定しない。その時が来たら改めてご案内するので是非ともお手にしていただきたい。

 

 週刊誌も所詮人の子、やはり売れないと類似企画の継続は難しくなる。1冊の週刊誌を手にするのも「生活の党」支援とご理解いただき、お買い求めをお願いしたい。

                    日本一新の会事務局

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ