「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

◎「日本一新運動」の原点―163

日本一新の会・代表 平野貞夫妙観

 

〇 選挙制度改革の基礎知識(続き)

 

 「議員定数のあり方は議会政治の根本だ!」と、「メルマガ・日本一新」158号で述べた。そこで「人気取りの議員定数削減ごっこ」は、民主政治の崩壊にもなりかねないと警告しておいた。

政党レベルでも国民レベルでも、この意見が少しづつ理解されるようになった。大事なことは、基礎知識として、衆議院議員定数がどのように変遷したかを論じてみよう。

 わが国で明治23年に議会政治を発足させて以来、今日までの間に衆議院議員の選挙制度を改正したり、定数を変更した時の人口とか、有権者数や選挙区数等々を集録したものである。日本一新の会事務局が各種の資料から引っ張り出したものだ。選挙制度改革の基礎知識として知っておくことが必要だ。 

☆全文は、維持会員にのみPDFファイル添付配信です。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ