「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

事務局雑話

 久しぶりに戸田顧問から書簡がメールで届いた。会員諸兄にも関わることなので、一部を紹介する。

 

 『大変御無沙汰しております。会の運営もすっかりまかせきりで、役立たずも甚だしい限りです。この猛暑のなかで、選挙戦を戦っている皆さまは、誠に御苦労さまです。

 当会代表の平野貞夫妙観だって、紛れも無く後期高齢者であるだけに、健康には気をつけてもらいたいものと思いますが、大島さんが言えば反発するでしょうし、私が言ったところで耳をかさないし・・・。

 

 平野代表の通巻170号「参議院のありかたを考える」は薄気味が悪いほど穏やかでした。言いたいことは山ほどあるでしょうが、ようやく諦観の域に辿りついたということですか。

 これでは平野代表の暴走を押し止めるべき私の役目はなくなってしまいます。

 それにしても、参議院の在り方に関する議論の少なかったことよ。国会でも、政党間でも、議員自身も、メディアも、学者も、みんなで知らん顔ですか。やろうと思えば今でもできることがあるだろうに。党議拘束はしないとか、参議院議員は院の本来の役割を考えて、行政府に行って大臣などにはならないとか・・・』

日本一新の会顧問 戸田 邦司

 

「赤信号、みんなで渡れば 怖くない」・・・。困ったものだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 週刊ポスト最新号に「老人党 結党宣言」として掲載されている記事に「長老(週間新潮では妖怪)政治家 円卓会議」についての発言がある。事務局には「何故、円卓会議に石原と仙谷が加わ

っているのか!」との問い合わせがあったが、事務局はそんな理由を知る由もない。記事から拾うと、石原氏については「呼んでもいないのに来たんだよ」、仙谷氏に関しては「この宣言文にはサインしたくないって言い出すし」と村上氏が発言している。

 要するに、質問者(だけでなく、多くの関係者)が、石原、仙谷両氏に違和感を感じたのは、普通の感性であった証でもある。

 

日本一新の会事務局

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ