「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

◎「日本一新運動」の原点―176

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

〇憲法夜話 ⑥ 日本国の憲法原理は崩壊した!

(陸山会事件を総括せず憲法を語るな)

 

 異常気象が続く8月も過ぎようとしているが、この夏は「異次元の経済政策」から始まって、「子供じみた東アジアの安全保障と戦争論」、「ナチやファシズムを評価するような歴史認識」、「憲法の普遍的原理を否定する憲法を創ろうとする動き」等々を、政権支配層が投げてきた。

 さすがに、もの静かに潜んでいた良識派の日本人も、心配のあまり何かしなければと考えるようになった。その鼓動が聴こえてくる。これを鼓動から活動に進化させることが緊急の課題だと思う。

 問題は、安倍首相や麻生副首相らが「腹話術人形」であることだ。確たる思想や識見をもって論じているのではない。これがあれば対応に苦慮しない。一見「坊ちゃんの火遊び」に見える彼らの言動を操っている人間や集団の正体を知らねばならない。これが難しい。ナチズムやファシズムなど独裁政治の始まりは、特定の指導者が計画的に起こせるものではない。そこには一定の社会状況があり、その社会の雰囲気が醸し出すものだ。

(以下、有料配信)




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ