「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

◎「日本一新運動」の原点―179

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観


〇憲法夜話 ⑦議会政治の導入とユニテリアン思想の影響

 

 「メルマガ・日本一新」175号で、金子堅太郎とユニテリアン思想を紹介したところ、「ユニテリアン思想について知りたい」との反響が多かった。議会政治の導入にどんな影響があったかを中心に紹介しておきたい。

 

 福沢諭吉先生が、明治13年に創立した『交詢社』という社交クラブがある。現在でも東京銀座にりっぱなビルがあり、日本の経営者層、資本家の牙城である。平成21年6月26日、午餐会で講演する機会があった。私にとってこんな場違いなところはなかった。指定された演題は「ジョン万次郎に学ぶ~日本の近代化、国際化の原点」であった。

 

 交詢社は明治時代前半、ユニテリアン思想を普及するメッカであった。万次郎は日本人のユニテリアン第一号で、日本にデモクラシーを伝えた人物だ。実は明治21年(1888)に、交詢社でユニテリアンのアーサー・ナップ宣教師が講演し、参加者に感銘を与えている。121年ぶりに、私が日本資本主義の指導者たちに、ユニテリアン思想の正当性を話したが、反響は今ひとつであった。

☆以下、有料配信(上部タブの「入会のご案内」を参照してください)

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ