「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「違憲・偽装国会の葬式」(仮称)その3と4の合併

 本会が企画している「違憲・偽装国会の葬式」(仮称)を先取りするかのごとく、都下の杉並区で「特定秘密保護法は絶対に認められない。いち早く成仏していただく」として、秘密法の全文が書かれた紙を「棺おけ」を書いたゴミ箱に投げ捨てて、喪服姿で葬式デモを行った、と12日付夕刊が報じている。
 
 「違憲・偽装国会の葬式」(仮称)には皆さん関心が高いようで、多くのお問い合わせメールが届いているが、期日と会場が決まったのみで、今はどのような形式するか、平野代表や現地の方々との調整が続いている。

 当初、1月25日(土)を予定したが、ビッグゲストの出席が急遽決定したために、開催日を2月22日(土)に変更することになった。


 期 日:平成26年2月22日(土)
 時 刻:未定(13:00頃からを予定)
 会 場:高知市立自由民権記念館(http://www.I-minken.jp/
     〒780-8010
     高知県高知市桟橋通4丁目14-3
          TEL:088-831-3336
          FAX:088-831-3306

 早々と首都圏から、あるいは関西圏から出席予告が届いているが、現地の旅行会社と交渉中である。または、JTBなどの格安既成ツアーもあることから勘案してご案内をする。


 ざっくりいえば「葬式」を済ませた後に、会場として予定している「高知市立自由民権記念館」の自由民権運動にまつわる諸資料の見学や交流、そして夜は、ゆっくりした懇親会を描いている。
 2日目の午前中には、希望者を募り「坂本龍馬記念館」や、自由民権運動で倒れた先人たちの墓参なども良いのではないか?。
 また、アイデアがあれば事務局までご提案戴きたいと思う。

                                             日本一新の会事務局

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 参考までに、高知市立自由民権記念館の設立趣旨は、次のように述べてある。

 「自由は土佐の山間より」といわれるように、近代日本の歴史に土佐の自由民権運動は大きな役割を果たしました。

 高知市は、この壮大な日本最初の民主主義運動の高まりの中で誕生しました。高知市制100周年を記念するに当たり、自由民権運動の資料を中心に土佐の近代に関する資料を広く収集・保管・展示して、確実に次の世代へ引き継いで行くために自由民権記念館を建設しました。

 自由民権記念館は、自由民権運動と土佐の近代史から学び、その意義を現代および未来に生かすものとして市民自治と文化の新たな発展に寄与することを目的としています。

 また、高知市民・県民が誇る最大の財産である自由民権の思想を継承・発展させ、自由民権記念館を高知市の新たな100年へのシンボル施設とします。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ