「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「違憲・偽装国会の葬式」(仮称)その7+その8の合併

 ○その7

☆『違憲・偽装国会の葬式』&シンポジウムのツアー料金についてご案内が遅れ、多くの方から「いくらになるのか!」とお叱りのメールが届いています。
 事務局の作業が遅れましたことを深くお詫び申し上げます。

1)関東圏以外の地区は「格安ツアー」を組むことが難しく、特に関西圏は高速バスが充実していますので、これを活用することで足代は安く上がるようです。

2)関東圏に関しては、羽田→高知(全日空便往復・一人1室、禁煙・朝食付)で¥24.000円前後(便・宿で差がある)で設定しました。

希望される会員は沖縄ツーリスト(03-5733-5533)担当:水野篤氏あてに「日本一新の会の会員」であることを告げると、葬式の開始時刻に間に合う飛行機便と、格安のホテルを設定して案内してくれる手はずになっています。なお、ツアー料金はそれぞれで決済して下さい。先行予約組と平野代表・事務局は、高知パレスホテルを確保しました。

また現地での実費(献花代・入館料・懇親会・観光バス代など)は、後日実行委員会から発表されます。

 ○その8

事務局には3連休の間に、1)細川護煕氏の都知事選立候補に関する問い合わせと、2)『違憲・偽装国会の葬式』&高知シンポジウムに予備会員が申し込めるのはいつ頃かという質問・意見が多数届いていますので、まとめてお答えします。

まず1)だが、この件に関しては報道以上の情報はありません。
先ほど、細川・小泉会談後の一問一答が報道されたので、平野代表あてにファックスを送ったが、代表はマッサージを受けている最中だった。「どこか悪いのか?」と問うと「定期的なことで、マッサージを受けるために生きているようなものだ!」と曰うので、事務局は「否、世の中を騒がせるために生き残っている」と返しておきました。従って他候補のことはともかくも、日本一新の会としての選択肢は、細川氏になると思います。

2)に関しては、この案内メール以降は予備会員の出席の申込の受付を開始する。維持会員も引き続き募集するが、いづれも定員に達した時点で締切をご案内します。

予備会員の出席希望者も同じ要領で、羽田→高知のツアーを利用される会員は、羽田→高知(全日空便往復・一人1室、禁煙・朝食付)で¥24000円前後(便・宿で差がある)。

沖縄ツーリスト(03-5733-5533)担当:水野篤氏あてに「日本一新の会会員」であることを告げると、開始時刻に間に合う飛行機便と格安のホテルを設定して案内してくれる手はずになっている。
このツアーの申込期限は2月11日、それ以後は、上記の価格は適用されません。

その他の地区はホテル・高速バスなど、それぞれでお手配下さい。
じゃらんネットや楽天トラベルなどが選択肢も多く、格安で済むようです。懇親会場がJR高知駅界隈になるようですからホテルは近くをお選び下さい。なお、ツアー料金はそれぞれで決済して下さい。

          ―   記  ―

 主 催:違憲・偽装国会の葬式実行委員会
 共 催:日本一新の会
 期 日:平成26年2月22日(土)・23日(日)

 第一部 葬    儀:14:00~

 第二部 シンポジウム:14:40~
     小沢一郎代表・平野貞夫代表・五島正規元衆議院議員 

 会 場:高知市立自由民権記念館(http://www.I-minken.jp/
     高知県高知市桟橋通4丁目14-3
     TEL:088-831-3336  FAX:088-831-3306

 第三部 懇親会:16:30~(別会場・希望者のみ実費)

 第四部 見学会:23日(日)坂本龍馬記念館や自由民家運動
     で倒れた先人の墓参りなどを予定(貸切バス利用)

 費 用:現地での実費(献花代・入館料・懇親会・観光バス代
     など)は、後日実行委員会から発表されます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ