「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

◎「日本一新運動」の原点―204

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

○「3・11原発事故」の解決を阻止するのは誰か!

 

「3・11」東日本大震災から3年が過ぎた。官僚統制が拡大強化し、震災復興は足踏みどころか混乱を重ねている。福島原発事故に至っては、事故災害は収束どころか見方によっては増大している。 さまざまな問題があるが、原発問題に限定して論じておきたい。

 

(「ナノ純銀による放射能低減システム研究会」の中間報告に対する反応)

 

 今年の2月、私は『戦後政治の叡智』(イースト新書)を刊行した。その終章を「いま解決すべき喫緊の課題」とし、「福島原発問題を解決し、東京五輪を新たな文明の出発点へ」というテーマでこれまでの経過を執筆した。この新書は、私が78年間を生きてきたことを証明するためのもので、お世話になった方々100名に事前に贈ったものであった。

 多くの人びとから手紙や電話、そしてファックスで意見や感想が送られてきた。その中で「放射能低減技術」について、企業経営者や技術関係者からの意見が多数あった。まずは代表的なものを紹介しておこう。


 ☆本号は、維持会員限定(有料)配信です。

 


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ