「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

◎「日本一新運動」の原点―215

                                 日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 ○「安保法制懇報告書」は戦後歴史への冒涜!

 5月15日(木)に、安倍首相に提出された「安保法制懇(安倍首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」)報告書」に重大な欠陥があると、私に連絡してきたのは、日本一新の会のS維持会員だった。
指摘された報告書の部分(17頁・第2章あるべき憲法解釈)は、次のとおり。

「わが国が1956年9月に国連に加盟した際も、国際連合に規定される国連の集団安全保障措置や、加盟国に個別的又は集団的自衛の固有の権利を認める規定(第51条)について何ら留保は付さなかった。」

 S氏は私が、衆議院事務局時代の昭和30年代後半に、政府の憲法調査会の国会関係問題を整理したり、平成に入ってからも、国連平和協力法や、湾岸戦争問題に関わっていたことを知っていて「平野さんが、これを放置しておくことは許されませんよ!」と、脅迫(?)してきた。

 新聞で報告書を読んで、二つの致命的間違いがあって驚いた。
ひとつは、「国連加盟の日は12月18日の総会」であること。
もうひとつは、憲法第9条との関係で「軍事協力や参加の義務に負担しないことを留保している」のに、報告書は「何ら留保は付さなかった」と断言しているのだ。

 安保法制懇の、柳井俊二座長も北岡伸一座長代理も、20年くらい前には知らない仲ではなかったが、まずはマスコミがこの問題を採り上げるのが筋だと思った。そこで某大手新聞と、某大テレビ・日刊ゲンダイの担当者に資料を添えて、報告書に重大な欠陥があると伝えた。5月20日付の日刊ゲンダイが、5段抜きで問題ありと適切な報道を行った。他の巨大メディアは、5月27日現在も梨の礫である。

 日刊ゲンダイの記者の話だと、安保法制懇の事務局である内閣官房国家安全保障局の担当者は「加盟日付の誤りは何らかのミス」と認めたが、「留保については、政府は答える立場にない」とのこと。北岡座長代理に取材を申し入れたが返事がないようだ。
その後、国家安全保障局担当者への取材で「平成2年及び13年の政府答弁で〝留保〟していない」との回答があったとのこと。

 さて、私が何故「留保」にこだわるのか。それは敗戦後の想定を超える日本外交を苦渋の中で進めてきた先人たちの功績を、その後の外務省、そして安保法制懇のメンバーが冒涜しているからである。憲法9条という、どの国にもない軍事活動を否定した課題を抱え国連加盟交渉に臨んだ、西村熊雄元条約局長が昭和35年8月10日、政府の憲法調査会で「第9条を直接いわないで、・・・・・軍事的協力、軍事的参加を必要とする国連憲章の義務は負担しないことを(加盟申請書に宣言とし)はっきりいたしたのである。この点は忘れられておりますけれども、この機会に報告しておきます」の述べている。「留保」という言葉がないので、「留保」でないとするその後の政府見解は戦後政治に対する冒涜である。

 この問題は引き続き様子を見て追求していくが、今日付(5月29日)の「日刊ゲンダイ」に、安全保障問題について私のインタビュー記事が掲載される。
 併読して参考にしていただきたい。


 ○「万次郎とユニテリアン思想」(草案)

  4、忘れられたユニテリアン思想(続き)


                                       以下、有料配信(維持会員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆「メルマガ・日本一新」をご購読(入会)をご希望の方は、本稿の上部ナビに

  ある「入会のご案内」を参照してください。



☆ 維持会員の方で、メルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合

  は事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ