「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―237

 日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

(国際政治学者・故坂本義和氏の功績) 


 わが国の国際政治学の開拓者として知られている東大名誉教授の坂本義和さんが、10月23日に死去された。反核・平和主義の理論家として知られ、戦後の平和運動に大きな影響を与えた人物だ。私が坂本氏をここで取り上げる理由は、世論に迎合する売名的平和運動の理論家ではなく、現実を理想に近づけようとした貴重な人物であったからだ。

 

 戦後の混迷する国際政治の矛盾に対して理想と現実を統一する理論や、政策を提案した学者であった。私も大いに影響を受け、連載中の『日本国憲法と国連の集団安全保障』は坂本理論の具体化ともいえる。私が最初に驚いたのは、昭和34年、坂本氏が米国留学から帰国後、雑誌『世界』に発表した「中立日本の防衛構想」を読んだときである。

 岸内閣の〝60年日米安保改定〟の前の年であった。私は法政大学大学院修士コースに在学中で、坂本氏の「国連警察軍を設立して、日本に駐留―安全を確保する」などの意見に日本の安全保障を夢見たものだ。さらに「国連の平和維持活動に日本も寄与すべき」との主張は、世界の平和と秩序に責任を持つべしとのことで、わが国の平和主義理論家として異色であった。

 

 当時は米ソ冷戦が激しく坂本理論が実現する見通しはなかった。卒業後、私は衆議院事務局に就職し内外の政治についての国会審議に関わることになる。そして30年という月日が流れた平成元年12月、米ソ冷戦は終結する。米ソ両国が国連を中心に世界の平和を確保しようと、国連発足以来、始めてといえる協調が生まれた。そして翌年8月にはイラクがクウェートに侵攻、湾岸紛争が勃発した。国連はそれなりの活動をする。

 この時期に、私は衆議院事務局委員部長として、与野党の幹部から国会運営や内外の政策について相談を受ける立場にあった。当然に憲法と国連活動が主なテーマとなる。そこで私が対応したのが、国連の平和維持活動(集団安全保障を含む)に協力することは、憲法の理念や精神に原則として反しない」という坂本理論の紹介であった。その理論を先導したのが、小沢自民党幹事長である。海部・宮沢政権、公明・民社そして社会党の右派とも一致できる政策理念となっていく。

 

 坂本義和という学者の思想の根底には英国の思想家、エドモンド・バークの政治理念があった。ひと言でいえば「保守したければ改革せよ」という信条である。私はここに政治に理想と現実の統合を求める理性を感じていた。私の人生の師・前尾繁三郎は、わが国では数少ないエドモンド・バークの研究者であった。

 そういえば、小沢さんの好きな言葉はイタリア映画『山猫』の「変らずに生きてゆくためには、自分が変らねばならない」とのセリフであった。今こそ、坂本義和氏の功績を生かしていかねばならない。

 

※以下、有料配信(維持会員)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆「メルマガ・日本一新」ご購読(入会)をご希望の方は、本稿の上部ナビにある

  「入会のご案内」を参照してください。

 

☆ 維持会員の方で、メルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は

  事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ