「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―245

 日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

○ 平成26年の政治を顧みて!

 

 今年の2月22日、日本一新の会の皆さんの協力を得て、春まだ浅い高知市の自由民権記念館で『違憲国会の葬式』を行った。前年暮れの特定秘密保護法の立法過程が、国会の脳死状況を示すものだとし、国民の自主・自治の精神を再生させることが必要であるとして企画したものであった。

 

 小沢一郎氏が挨拶で「一強多弱が危険なのではない。野党が権力に擦り寄らず、まとまった行動をしなければ国民に選択肢がないことになる。本当に日本は民主主義国家なのかとの思いすら抱く。選挙で自分の意見をきちんと票に表さないかぎり、何も変わらない」と述べた。

 11月21日、安倍首相は突然に衆議院の解散を行い、国民の大多数から「大義なき解散」と批判された。12月14日に断行した総選挙の結果は、小沢氏が予言したとおり、何も変わらず、我が国の民主主義による議会政治は瀕死の状態となった。

 今年の政治をひと言で表現するなら、安倍首相の「この道しかない」という戯れ狂言に振り回されたといえる。「アベノミクス」でも「沖縄の辺野古問題」でもこれを絶叫し、それをマスメディアが過剰に反応し喧伝する。しかも野党第一党の民主党で、これらの問題で意見が割れているようでは議会民主政治も、政権交代も成り立つわけがない。

 今回の総選挙の比例東北ブロックで立候補し、その実態を体験した私の感想は「日本国民の心理構造には、ファシズムを受け入れる準備ができている」という深刻な思いである。
 戦後最低の52%という投票率も、議会政治不信論から不要論への道程といえる。それよりも、戦前には政権・メディア・有識者たちが「この道しかない」といって戦争に突入したことを思い出した。それを批判する野党もメディアも、そして有識者が一人もいないことに背筋が寒くなったも私ひとりではないだろう。

 

☆ 以下、有料配信(維持会員)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆「メルマガ・日本一新」ご購読(入会)をご希望の方は本稿の上部ナビにある

 「入会のご案内」を参照してください。

 

☆維持会員の方でメルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は、

   事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ