「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―246

日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

○ 健全な議会民主政治実現のため考えること!

 

 敗戦の焦土から日本国を再生したのは、国民挙げて血の滲む思いの努力であった。それを支えた思想は「共に生きよう、共に幸せになろう」という日本的共生の信条であった。それが世界史の奇跡といわれる戦後復興を促進させ、経済成長を成功させ、敗戦からわずか20年後の昭和40年代には世界第2の経済大国をつくりあげた。

 この時代の国会は、さまざまな問題で紛糾し、不詳事件を重ね国民から批判を受けたが、議会政治としては、多数派に抵抗する少数派を、社会の木鐸たるマスコミが時々に支援し、時代に合った国民的合意を形つくってきたといえる。この背後には、政治家が与野党を超えて「天は等しからざるを憂う」という、東洋の人間愛の精神を共有していた。戦後の日本の議会政治は曲がりなりにもそれを実現してきた。

 

 ここ数年、率直に言って我が国の議会民主政治は、与野党とも政治的詐欺に等しいことを繰り返している。賢明な読者諸兄には、具体的事例を改めて示すこともないだろう。その不信が暮れの総選挙での、現憲法下では最低投票率の原因である。有権者総数の4分の1の獲得票で、憲法改正が可能な衆議院3分の2以上の議席を得るという現象を、単に選挙制度の不備にその責を求めるのは卑怯である。制度とはすべからく非もあると同時に是もあるのだ。地球上には議会制度をもつ国が約190ヶ国あり、52%という投票率は160位前後に位置する。北欧の国々は等しく90%前後をカウントしているから、我が国の低投票率は、議会民主政治に対する、日本民族の感性を根本から問うべき問題である。

 

「トリクル・ダウン」という、資本主義の最も堕落した思想でつくられた「アベノミクス」を「この道しかない」と絶叫する安倍首相には、これが日本民族や国の崩壊をもたらすものであることを知る能力は期待できない。「トリクル・ダウン」とは、富裕層からの「おこぼれ頂戴」と同義語ではないか。これでは、国民の積極性、健全な信条が生まれるはずもない。

 確か、谷垣幹事長は2年前の総裁時代に、「人間の絆」という保守本流の理念を政治信条としていた。これを真逆にした「アベノミクス」の推進者になるとは政治家としての資質だけではなく人間として失格者である。

 さらに問題なのは、自公政治の民主政治ならぬ「詐欺政治」の危険さを感知せず、目をつり上げて自己の地位保全のみにこだわっている、野党の指導者たちである。小沢一郎氏が自己を犠牲にして、野党の結集を口酸っぱく訴えたが聞く耳を持たなかった。総選挙結果における、日本議会の瀕死事態の戦術的原因はここにある。

 

 日本一新の会の本年の役割は、野党の結集という現実問題への論調だけに終わるのではなく、現代の日本人、なかでも有識者は「議会民主政治」を本当に理解しているのかを採り上げてみたい。

 

☆以下、有料配信(維持会員)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆「メルマガ・日本一新」ご購読(入会)をご希望の方は本稿の上部ナビにある

 「入会のご案内」を参照してください。

☆維持会員の方でメルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は、

   事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ