「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―247

            日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

 平成27年(2015年)新年の活動は「デモクラテレビ〝永田町風雲録〟」の2時間にわたる生放送から始まった。第1部が「当面の政治話題」で、題目は「安倍の持ち時間・どっこい共産党・朝日危機の裏側」だった。これにはいつものメンバーで、司会は早野透・鈴木哲夫・平野貞夫の三人で激論となった。第2部は「戦後70年を考える」で、テーマは「昭和天皇と平成天皇・戦後保守とは何か、日本は右傾化軍国化するのか」であった。ここには、私の50年来の親友・成田憲彦駿河台大学教授(元学長)を特別ゲストに招いて、70年にわたる日本政治を整理してもらった。一般の視聴者が約30名も参加し、最後は短時間ではあったが意見交換を行えた。結論は「政治家・小沢一郎の真の活躍はこれからだ」で、地上波テレビやBSテレビでは放映不可の、政治の本質を突く内容であった。

 

(第1部 当面の政治課題の要約)

 

 司会の早野氏が話の切り出しに、暮れの総選挙で80歳を迎える私が、突然に立候補したことを冷やかし半分に出したので、「これからの日本を改革する思想と方法は東北にあり」として、年賀の俳句を〝雪国に学ぶことあり総選挙〟としたことで幕にしてもらった。

 

1)大義なき総選挙の総括 早野氏も鈴木氏も、開票日翌日の各紙の見出しを採り上げ、「自公大勝とは誤った報道だ。自民は減らした、民主は増やした」などと、数字にこだわった意見を言うので、私は「数字だけで総選挙を総括するとは何事か・問題の本質を見ろ」と気合いを入れておいた。「(有権者を分母とした)絶対得票率で与野党の状況を分析すると、自公与党にとって最悪の結果であった。あれだけ与党に有利な選挙体制ながら、投票率が52%という致命的なもので、投票率が7%増えれば野党が逆転する構造だ。有権者は次回の総選挙で政権交代を内在的に示唆したものだ」と整理しておいた。

 

 もうひとつ腹が立ったままになっていたことについても警告しておいた。総選挙直後から正月にかけての政治番組で、後藤謙次氏ら安倍首相の旗振りたちが、「自公は4年間の安定という政治資産を得た。これで政権交代の政治には戻らない。新55年体制といえる〝15年体制〟が確立した」と、まるで自分で天下でも取ったような痴呆発言。こんな輩が自公政治の〝太鼓持ち〟として、日本という国を劣化させているのだ。

 

2)どっこい共産党 共産党が21議席に躍進した。これを鈴木・早野両氏は「自民の対抗勢力になるぞ」と、とんでもない見方をする。私の意見は「共産党は田中政権時代に40議席(昭和47年)とり、以後20議席とったことが4回もある。民主党が理念も政策も劣化して、行き場を失って浮遊する票が一時的に共産党に流れただけだ。沖縄の戦略・戦術を全国に展開できたとしても政治的に限界がある。不破元議長が朝日新聞のインタビュー記事で「本当の新しい自共対決の始まりだ」と豪語し、「小選挙区体制で政治が単純化し劣化した」と宣っているが、健全な政権交代を生き抜く政治家を育成するためには、小選挙区比例制の長所を生かす制度が最も適切であることを知らないようだ。自己讃美が、もっとも非弁証法的で非科学的なことは、マルクス主義の第一歩だよ、不破さん・・・・。

 

3)朝日危機の裏側 従軍慰安婦問題や原発事故・吉田証言の誤報や後始末問題で、朝日新聞は第3者委員会の報告を受けて、改めて反省を表明した。朝日出身の早野氏がいるので、敢えて採り上げたのだろう。鈴木氏は一部の競合紙が攻撃を続けていることを止めるべきだと主張した。俗論としてはその通りだが、マスコミのあり方で放置されているもっと大事な問題がある。「読売にしろ、産経にしろ、まったくの誤報と虚報を、司法や政治権力と談合して繰り返してきたのが『小沢・陸山会問題』ではなかったか。どのマスコミが〝正しい報道を続けてきた〟といえるのか。小沢弁護団の弘中弁護士は『(検察の)妄想から始まった事件は実在しなかった』と専門誌で公言している。この件は一部マスコミの単なる誤報とは異なり、司法と政治権力が闇で手を握り、マスメディアを悪用して民主政治を崩壊させたのが根本原因である。

 この問題は、国民全体で総括しなければならない課題であり、それなくして日本の民主政治は実現しない」と発言すると、会場参加の視聴者から拍手が起きた。小沢支援者の健全ぶりを感じた。

 第2部の「戦後70年を考える」は、次回に紹介する。

 

☆以下、有料配信(維持会員)

 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆「メルマガ・日本一新」ご購読(入会)をご希望の方は本稿の上部ナビにある

 「入会のご案内」を参照してください。

 

☆維持会員の方でメルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は、

   事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ