「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―257

 日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

○ 〝小沢政治塾15周年〟の記念講義 

 

 3月16日(月)、日本青年館で開催された〝小沢一郎政治塾〟で「平成の『日本改革』の原点」と題して講義をした。その要旨は「小沢塾長を中心に行われた平成改革の原点を確認して、その過程で実現した改革の評価と、実現に至らなかったために生じた諸問題を検証する」と大見得を切ったのだが、分かり易く言えば諸々の裏話であった。敢えて強弁すればものごとの原点や本質はその方が理解しやすい、と私は思う。

 安全保障と政治改革について、私が直接関わった問題の裏話が主であるが、安全保障でいえば、小沢自民党幹事長の発想による「国際平和協力に関する合意覚書」(平成2年11月・自公民3党によるPKO合意)の立案過程の裏話と、四国西南地域に「ジョン万次郎記念国際貢献PKO訓練センター」の設置で、沖縄の基地一部移転を構想し、自社公民の賛同と地元自治体の誘致決議もあったが、自民党国会議員の利権による妨害や、自民党執行部の不誠実が重なり実現しなかった経緯を話した。これが現在につながる〝辺野古問題の悲劇〟の原因であると論じておいた。

 

 政治改革については、時間の制約もあり、用意していたことを十分に話することはできなかった。竹下首相がリクルート事件の責任をとって退陣するとき、自民党で党議決定した「政治改革大綱」を、3回の国政選挙で公約しながら、その実現を自民党自身がつぶした経過も説明。その後非自民細川連立政権を成立させて、一部ではあったが改革を実現させた苦労話をし、このとき、政治改革の形だけの法制度はつくったものの、並行して日本の政治は劣化し始め、政権交代をぎこちなくできるようになった途端に、現在のような議会民主政治を忘れた国会となった原因も論じた。

 塾生の質問もそこに集中し、私自身の反省もこめて『日本の議会制度は英国をモデルにしているが、宗教的背景もあり、日本には、英国のように、健全な議会政治を支える文化が未熟である』と答え、私たちの〝改革論〟が上からの目線であったとしこれからは『民衆の魂を共鳴させる』活動が必要であると結んでおいた。
 講義の枕で「政治塾での講義は5年ぶりだ。私も歳だから次の5年があるかはわからない。従って今日の講義は私の遺言と理解して欲しい」と話を始めた。会場には塾生に混じって政治塾OB、元・前議員など口さがない人たちもいて、終わった後の雑談で、「ずいぶんと元気溌剌・意気軒昂な〝遺言〟でしたね?」との評を頂戴した。

 

☆以下、有料配信(維持会員)です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆「メルマガ・日本一新」ご購読(入会)をご希望の方は本稿の上部ナビにある

 「入会のご案内」を参照してください。

 

☆維持会員の方でメルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は、

   事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ