「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―282

 日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

〇安全保障法制関連法案を廃案にする〝死角〟がありますよ! 17

 

 安保法制国会の会期はいよいよ残り18日となった。祝祭日、土日を除けば9日間となる。しかし、イザとなればなりふり構わぬ安倍自公政権は、祝祭土日なんか無視して突っ走るだろう。

 永田町周辺では安保法制関連法案は成立確実との雰囲気だ。ドッコイ、そうはいかない。安保法制反対の声は日ごとに大きくなっている。自民党地方議員が離党して反対運動に立ち上がる、地方議会では「慎重審議・今国会での採決見送り決議」等が報道され、創価学会有志が池田会長の教えに従うと署名活動を始める等、何が起きてもおかしくない世の中だし、激動の時代なのだ。

私と故郷を共にするジョン万次郎の遺言は、「決して諦めてはいけない」ということであった。幕末、過酷な運命の中で生き抜いた人間のことばだ。安保法案を廃案にする〝死角〟はまだまだいくらでもある。

 

(新憲法施行記念国民歌『われらの日本』を

国会前で十万人合唱の音霊作戦をやろう!)

 

 昭和22年5月3日、新憲法施行記念国民歌『われらの日本』が発表された。小学校6年生だった私は声変わりの時期で、合唱のなかにはいると全員がおかしくなるので、先生から「指揮をやれ」といわれた思い出がある。

 

     われらの日本

 

    平和のひかり  天に満ち      

    正義のちから  地にわくや     

    われら自由の  民として       

    新たなる日を  望みつつ      

    世界の前に   今ぞ起つ     

 

    歴史はひらく  朝の戸に

    はるけくつづく かの一路

    われらひとしく 信愛の

    手に手つなぎて 進みゆく

    世紀の声を   まさに聞け

 

    そよ風さくら  春さけば

    野山の千草   秋薫る

    われらおのおの いざここに

    清くあかるく  護るべし

    祖国よ家よ   若くあれ    

 (作詞:土岐善磨 作曲:信時潔、PDF版に譜面あり)

 

 早急にこの新憲法施行記念国民歌を、護憲のため活動する人に知らせるよう、会員の皆さんにお願いする。再び国会前に10万人が結集し、心をを込めて合唱すれば、国会に潜む立憲政治を冒涜し、憲法を蔑ろにする『悪霊』どもを浄化し、国会議事堂に憲法の理念を蘇らせることができる。これを憲法再生「音霊」作戦と名づけよう。

 

    以下、有料配信

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆「日本一新の会」に入会をご希望の方は、本稿の上部ナビにある「入会の
     ご案内」
を参照してください。

 

☆維持会員の方でメルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は、

  事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ