「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―289

             日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

〇 東京オリンピック・パラリンピック大会を考える (その2)

 (森喜朗組織委員会会長で 果たして東京五輪大会が開けるのか!)

 

 森喜朗元首相をよく知る与野党の長老政治家の中には「組織委員会会長を早く退かせないと東京五輪大会の準備も実行もできなくなる」と心配する人たちが増えてきた。さらに一部には、五輪大会を返上すべきだという意見すらある。福島第一原発事故関係などで新しい事実が出て、物理的条件で返上せざるを得ない問題が発生すれば別だが、一旦引き受けた以上成功させなければ国辱ものとなる。 

 森元首相個人だけの問題ではない。森首相を憲法違反の手続で誕生させたような日本の社会構造に問題がある。即ち、森組織委員会会長を選び出した社会構造に問題があるのだ。森政権樹立の経緯(※)を思い出して欲しい。
 国政を総理する責任感が当の本人にまったくなく、積極的意思もなく自分たちの私利私欲のために談合して祭り上げ、たちまち馬脚を現した。それでも一年近くは凌いだが、身内も自分も政権を放り出してしまったことを・・。

今回の東京五輪大会の準備段階での不都合な数々の問題は、おそらく森会長個人が関係したことではないだろう。しかし、森元首相を担ぎ上げた人々、それは文部官僚とそのOB、そして文教族といわれる政治家と、旧岸派につながるマフィアのような集団である。その首領にあたる森元首相を組織委員会のトップにするこ

とが自分たちの利益のためにこの人を最適としたわけだ。それは「鮫の脳味噌」と、「蚤の心臓」の持ち主でなければならなかったのだ。残念ながら現状の日本文化の中では能力の一つといえる。見方を変えれば永田町政治の構造的特長ともいえる。1964年の東京五輪大会の時代には、この構造はまだできていなかった。

この点をきちんと認識しておくべきだ。

 

 ではどうするか。「文教マフィア集団」を解体することが根本解決だが、これをやるだけで最低10年はかかる。とするとこの集団がなるべく不都合なことができない体制をつくることである。そのためには集団のシンボルである森会長を下ろすしか道はない。

 念のため「文教マフィア集団」の実態は何かを考えてみよう。まずこの用語は私の造語で、初めてこのメルマガで使用するものであることをお断りしておく。この集団は自社55年体制が本格的に機能するようになる昭和40年代初期から目立つようになった。先に述べたように、1946年(昭和39年)東京オリンピック大会では姿を見せていなかった。

 戦後、日本社会を不都合にした原因として自民党系の人たちがよく使う解説に「日教組が日本人を駄目にした」というのがある。若干はそう言われても仕方ないところがあるが、正確に言うと、「自民党文教族・日教組・文部官僚、そしてその利権にぶら下がる人間の集団」となる。


※森首相就任は、当時の自民党有力議員5人(森喜朗、青木幹雄、村上正邦、野中広務、
 亀井静香)が密室で談合して決めたのではないかと疑惑を持たれている。(
Wikipedia

 

☆ 以下、有料配信

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ☆「日本一新の会」に入会をご希望の方は、本稿の上部ナビにある「入会の

     ご案内」を参照してください。

 

☆維持会員の方でメルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は、

  事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ