「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―291

 日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

〇『検証 安倍談話―戦後70年村山談話の歴史的意義』

出版記念会に出席して!

 

 11月5日(木)、憲政記念館で開かれた出版記念会に小沢一郎さんの代理で出席して挨拶をしてきた。小沢さんが同日同時刻に、ベトナムとの青少年国際交流を主催していて出席できないためであった。

 出版記念会が始まる前に控え室で顔を合わせたのは、村山元首相・菅元首相・志位共産党委員長・吉田社民党代表・海江田元民主党代表・穀田共産党国対委員長・辻本民主党衆議院議員等の面々だった。小沢さんがいないで、私の前で昔話となる。

 

〇村山 細川政権をつくって自民党政権を壊した小沢さんにもう一度、自民党を倒して
    もらわんといかん!。このままでは日本はダメになる。
    よろしく言っておいてくれ。

 

〇菅  小沢さんは政権を倒すことが得意だから、何とかやってくれるだろう。

 

 志位共産党委員長は、時の人だけあって、終始ニコニコと何も言わなかった。村山元首相と小沢さんは、平成時代になっていろいろと複雑な問題があったが、現在の政治情況で小沢さんの活動に強く期待している言動であった。それに比べて菅元首相の目線は「小沢に政権を倒された」というものを感じた。反省も何もない人間性に、現在の民主党指導部の影を見る思いであった。

 出版パーティーでは、菅元首相・志位共産党委員長・吉田社民党代表・亀井衆議院議員・小沢代表代理の平野・海江田元民主党代表の順で挨拶が進んだ。志位委員長が丁寧な挨拶をしたのが印象的であった。「安倍談話」の検証として「日露戦争は、植民地支配のもとにあった多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけた」の部分を取り上げ、「事実と異なり、歴史を曲解させたもの」、と批判していた。

 

 私の代理挨拶の要旨は次の通り。

「小沢さんからこの出版記念会は非常に大事な会合だから、自分が欠席する事情を説明して代わりに挨拶してくれと言われましたが、私のような格下が務める役ではないと申しましたところ、〝20年前、村山首相に一番嫌らしい質問をしていたのはあんたじゃないか。お詫びのつもりで行ってくれ〟といわれ、断れなくなり参上しました。いま丁度、この時刻、小沢さんはベトナムの青少年を大勢日本に招いて、国際交流をやっていまして、ホストとして挨拶と行事のため、この大事な出版記念会に出席できないことを申し訳ないということでした。

 実は10月28日、村山談話を継承し発展させる会の藤田理事長から預かった『検証 安倍談話』について、小沢さんと1時間ほど簡易読書会をしました。その時、感想らしきことを呟いていましたので、そのポイントを紹介します。

 

 まず『安倍談話』の検証ですが、本音を隠して言葉をいれかえてお茶を濁したものだ。村山談話の継承なんてとんでもない。それに何回も謝罪しているので、これももうする必要ないといった本音もちらつかせて」と。これ以上申し上げますと、問題になりますので・・・・・。(笑)

 次に『村山談話の歴史的意義』についてですが、3点のことを言っていました。

1)平成7年8月の時点で、健全な保守の考え方もいれて、多数の国民のコンセンサスと
  して、明治以来の日本外交を総括した歴史的意義がある。

2)村山談話ではアジア諸国のみならず、世界の各国から信頼を得た意義も大きかった。


3)これは現在もっとも重要な課題『野党連携』の指針にしなければならない。


とのことでした。
以上が小沢さんからの挨拶です。

 

せっかくの機会ですので最後に私からの提言を申し上げることをお許しいただきたい。

「8月14日に「村山談話を継承し発展させる会」では緊急提言をしています。その最後の締め括りが〝改めて日本国憲法の平和原理に立ち返らなければならない〟というものです。私の提言は、そのために何をなすべきかについてです。新憲法が施行された、昭和22年、私は小学校6年生でしたが、この時「憲法普及会」認定の「新憲法施行記念国民歌・〝われらの日本〟」を学校で歌ったことを記憶しています。詞を「土岐善麿」、曲は「信時潔」で〝平和のひかり 天に満ち・・・われら自由の民として〟というすばらしい歌でした。この憲法施行記念歌をほとんどの日本人が忘れている。私が代表をしている「日本一新の会」のメンバーが合唱歌にして「安保法制反対の国会前デモ」で何回かテープで流して歌いましたが、ほとんどの人が反応しませんでした。

「憲法の平和原理に立ち返る」ためには、難しい理屈よりもこのような文化遺産ともいえるものを、多くの日本人に歌ってもらうことが大事だと思います。その運動を始めるべきです。この歌をバックグラウンドミュージックとして、村山談話の継承と発展を指針とすれば「野党連携」は成功します。来年の参議院選挙で必ず勝利できると思います」。

 

☆ 以下、有料配信

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ☆「日本一新の会」に入会をご希望の方は、本稿の上部ナビにある「入会の

     ご案内」を参照してください。

 

☆維持会員の方でメルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は、

  事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ