「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

「日本一新運動」の原点―296

             日本一新の会・代表 平野 貞夫妙観

 

〇「安倍一強体制」を考えてみよう! 3

 

 自民党の中で保守本流といわれた政治家に共通する信条は大正デモクラシーの原動力となった吉野作造博士の民本主義や美濃部達吉博士の天皇機関説の理論を発展させようというものであった。日本が戦後の復興期から繁栄期となり、経済成長の果実を国民が享受できる時代になると、自民党の中にふたつの流れができる。

ひとつは「福祉共生社会」コースであり、今ひとつは「経済至上社会」コースである。 昭和49年秋に発生した「石油ショック」の経済危機は、経済成長に依存する日本資本主義に陰りが出る。昭和50年代の中頃から明治生まれの政治家が次々と国会から消えて世代交代が起きる。自民党の中に政治家の官僚化が起こり、官界には官僚の政治化現象が起きる。政権交代を望まない政党、永久政権化に自信を持つ自民党の奇妙な議会政治が最盛期となる頃、日本に空前の経済バブル時代が到来する。

 その直接の原因は米国のドル対策として円高への強要であった。平成2年にバブルが弾けるまでの約10年間、日本人は「カネ」という魔物の虜となる。困ったことに、バブルが弾けても「地獄の果てもカネ次第」という発想が多くの日本人の心情となる。

 

(「政権交代」は自民党改革派の主張から)

 

 平成時代となりグローバル化と高度情報化社会が進むなかで、米ソ冷戦が終結すると「バブルに酔いしれる日本」に反省の声が起こる。経団連を中心とする財界、連合など労働界、マスコミ界、学識経験者達からである。「政権交代のできる政治システムでなければ、これからの日本は自立して存立していけない」との主張だ。これを実現しようとしたのは自民党改革派であった。野党にも理解者がいた。しかし自民党の守旧派と社会党左派から強烈な反対運動が起きる。 衆議院に「小選挙区比例代表制」の導入を中心とする政治改革を構想したのは、海部自民党政権下で幹事長を務めた小沢一郎であった。海部政権で失敗し、続く宮沢政権でも挫折する。自民党は4度にわたる国政選挙で政治改革を公約したのは選挙を有利にするための方便であった。宮沢政権の姿勢に抵抗する自民党改革派は、野党が提出した「内閣不信任決議案」に賛成し可決させた。総選挙で自民党政権を打倒し、細川非自民党政権を樹立する。この非自民政権が、自民・社会両党の守旧派と悪戦苦闘の末、政治改革の第一歩をスタートさせた。

 

 自民党が政権から離れたのは38年ぶりであった。自民党の前身の保守政権から数えると、約半世紀にわたる政権の座から下りることになる。「猿が木から落ちる」どころではなかった。戦後の長い期間続けてきた、保守=自民党の政治利権が白日のもとに晒されることになる。しかもそれが改革の波で洗濯される悪夢が現実となった。自民党は手段を選ばず政治改革の阻止を策謀したが、当時の国民世論はそれを許さなかった。

 私は平成元年の衆議院事務局委員部長時代から、小沢幹事長の政治改革実現に関わってきたが、改革の第一歩がスタートするまでに抵抗勢力からいわれた言葉が頭から離れない。何人かの自民党幹部は「中選挙区制なら永久に自民党政権を続けることができる。どうして政権を野党に渡すことになる制度をつくるのか。幹事長まで務めた小沢の気持ちがわからん」と。また社会党左派の某幹部は「中選挙区制なら、遊んでいても3人に1人は当選でき、自民党政権の悪口をいうだけで国会議員を続けることができるのに、社会党執行部の中に小沢に同調する者がいる」という愚痴であった。

 

☆ 以下、有料配信

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ☆「日本一新の会」に入会(メルマガ購読)をご希望の方は、本稿の上部ナビ

  にある「入会のご案内」を参照してください。

 

☆維持会員の方でメルアドを変更された場合、また定期配信が届かない場合は、

  事務局宛にメールでお知らせをお願いします。

  jimukyoku(*)nipponissin.com (*)を@ に置き換えて下さい。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ