「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

復興は「生活が第一」!

日本一新の会 達増拓也

(岩手県知事)

 

 東日本大震災で延期されていた岩手県知事選が、9月11日に行われ、1期目を上回る得票率で再選を果たすことができました。

 

選挙カーで、津波で被災された方々が住む仮設住宅のほうにもたくさん行きました。「助けていただいています」、「ありがとうございます」など、感謝の言葉を述べる被災者の方々が大勢いらっしゃいました。

これらは、県知事や県当局に対する感謝というより、自衛隊やボランティアも含めた、「公(おおやけ)」全般に対する感謝だと思います。岩手の被災地には、感謝の気持ちが充ち充ちていました。

 

岩手において被災者支援と復旧・復興に取り組んでいて痛感するのは、「人は市場原理のみにて生きるにあらず」ということです。ハーバード大学のサンデル教授の「正義論」は、「コミュニタリアニズム(共同体主義)」で市場原理主義を批判するものでしたが、被災の現場で強烈に見られるのが共同体の「絆の力」であり、全国そして世界からの支援に感じられるのが共同体意識に基づく「つながりの力」です。

 

小泉政権の下で、地方切捨てや弱者切捨てがまかり通る「切捨ての時代」が続きました。格差拡大と貧困の深刻化が進みました。それを逆転しようと、「生活が第一」の政権交代が起きたはずです。東日本大震災によって、地方を守ることや弱者を守ることが国家存立の原点であることがはっきり見えてきたと思います。市場での負け組は市場から退場すればよいとする「切り捨ての時代」から、理不尽な苦境に落とされている者に公正な機会を提供しようとする「つながりの時代」へ、です。

 

 復興をきちんと進めていくことで、政権交代が切り拓くべき新しい日本の姿も実現していくのではないでしょうか。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ