「国民の生活が第一、自立と共生、政治の根本について議論する広場」

シンポジューム等の結果情報

7.管理人

2011/09/16 (Fri) 10:25:06
 関西 日本一新の会「第2回政経フォーラムin京都」のご報告が、関西 日本一新の会ブログに掲示されました。

各位殿におきましては、ブログの参照を願います。

関西 日本一新の会ブログ:http://ameblo.jp/nipponissin-kansai/

   一部抜粋

【9月11日の第2回政経フォーラムin京都にご参集頂きありがとうございました。】
テーマ:日本一新の会

  松木けんこう代議士と中村てつじ議員をお招きしての、第2回政経フォーラムを9月11日、関西日本一新の会主催・日本一新の会共催で私の地元・京都で盛大に開催して頂きました。

  近畿一円はもとより、遠くは岐阜からもお集まり頂きましたみなさま、蒸し風呂のような残暑厳しい京都にようこそおいでくださいまして、約2時間に渡って熱心にご傾聴頂きまして、誠にありがとうございました。

  また関西日本一新の会・代表の森田さんをはじめ、幹事のみなさまには、周知期間が短い中、事前準備から当日の段取りまで、額に汗しつつ絶大なお力を頂きました。いつもながら感謝の気持ちでいっぱいです。本当にお疲れ様でございました。

   一部転記完了
   
 詳細については、ブログの閲覧を願います。

尚、松木けんこう代議士さんが、9月末予定で本の出版を予定されております。
「けんこうのつぶやき」ブログ
 http://www.kenko-matsuki.jp/tsubuyaki.html



6.管理人

2011/09/08 (Thu) 18:55:49
「三橋まきと語る夕べ」のご報告が、関西 日本一新の会ブログに掲示されました。

各位殿におきましては、ブログの参照を願います。


関西 日本一新の会ブログ
 http://ameblo.jp/nipponissin-kansai/entry-11007906387.html


一部抜粋

 「三橋まきと語る夕べ」のご報告
 

  「関西 日本一新の会」主催で神戸の地で「三橋まきと語る夕べ」を開催させていただきました。
  お越しいただいた30名の皆様と関係者9人で総勢約40名が集まり大変楽しい会となりました。
   改めてここにお礼を申し上げます。

 そのご報告をまずは当会の世話人のお一人である高木さんとオブザーバーであり主役の三橋まきさんご自身による報告を掲載させていただきます。(代表 森田)


三橋まき さんのブログ
 http://ameblo.jp/mihashimaki/day-20110827.html

詳細については、各ブログの閲覧を願います。




5.管理人

2011/09/08 (Thu) 18:42:02
札幌地区交流会の情報を頂きましたので、下記に情報の連絡をいたします。

日本一新の会・札幌地区交流会の結果連絡(8月27日開催)

事務局の大島さん雑話
  おかげさまで札幌交流会は成功裏に終わり「日本一新の会北海道」としてスタートすることが決定した。
  並行して、網走からの参加いただいたK氏と、松木謙公事務所の秘書さんらで「日本一新の会網走」を呼びかけることも内定した。

  交流会に先んじて、元田教授と2時間ほど歓談したが「国民の生活が第一の背景にある思想・哲学を、どれほどの人が理解しているだろうか?」との問いにはギクリとした。このことは「元田講演」を企画する中で聞かれるだろう。

  教授からは「大島さん、なんかイメージが違うな!」と指摘されたが、理由は聞かず終いだった。多分、平野代表を「古狸」呼ばわりするから、重厚な人物像を描かれたのだろうが、現れ出でたのが軽薄短小だったことから違和感があったのだろう。
  そんなこともあって、一応スーツはぶら下げて行ったのだが、ユニクロのまま交流会に臨んだ。

  終了後は「ススキノ」散策を目論んではいたが、岩手に移動して知事選を闘っている達増選対への陣中見舞、更に羽田で中谷女史とお会いする約束だから、朝5時起きでないと間に合わず、ススキノはお預けとした。


 日本一新の会北海道は、齊藤さん(H.S)が取りまとめております。
下記に、参加された方々のコメントを列記いたします。

H.Sさん
 大島さんの「石川講演会」を札幌での呼びかけに、「豊かさをつかむために」(中西出版)の著者元田厚生先生が、会場として、大学の施設なら格安で使用可能とお返事なさり、時局が刻々と変わる真っ最中の8月27日に、 「日本一新の会北海道」が立ち上がりました。遠く大空町や清水町から、またシンガポール出張の帰りに、駆けつけてくださった参加者のみなさんの熱い思いは、前後のメール交換の一部で、ご紹介させていただきたいと思います。

 私も体調不良をすっかり忘れて、雑用係としてお手伝いをさせて戴きました。
 註・当日2005年の九州日本一新の会の立ち上げDVDを大島さんがお持ちになり、コピーの許可を戴き、決を取りました。

R.Yさん
===当日お話も出来ず、またDVDの件お聴き逃しかもしれないと、メールした後の返信です===
 未だに小沢氏排除が続いております。なぜか米・官・業・メディアの利権複合体に国民生活第一、日本の本当の意味の構造改革を防止し自分たちの権益を守るために必死になって妨害しているのです。

 本来民主党の議員はこれ等の反対の立場に立ち、海江田氏を代表に選ぶべきだったのですが、思うつぼにはまったのが今回の代表選挙だったと思います。これでは民主党は再生できないと思います。

 それを全く理解していない議員が多いという事がいえるでしょう。現状が続けば次回の選挙では民主党の惨敗は確実で、その時にようやく気がつくのでしょう。

 私も老齢(註・75歳)ながら小沢氏の日本一新運動、国民生活第一、日本の本当の意味の構造改革の理念のための運動に、参加したく思っておりますどうぞよろしくお願い致します。

===DVD送付後の返信です===
 今日(3日)CD 送付いただいきまして受け取りました、有難うございます。
 九州での、日本一新会、九州日本一新会の設立模様う盛大に行われている様子を、CDを通じて見ました。

 本来小沢一郎氏こそが本当の意味の日本の構造改革を行い、より新しい定着した民主主義社会を作ろうとしているのですが、なぜかそのことによって、既得権益を失う勢力が総力を挙げて、防止しようとしているマスコミもその一旦を担っていることから、イメージを悪くするような報道を繰り返していることから、国民は惑わされている。

 由々しき現象がマイナスに作用されている。なんとかネットにおいてでも微力ながらそのような現象を打ち破らねばならないと思っております。

A.Tさん
===当日戴いたチョコレートの御礼を申し上げました===
  会の準備、ご連絡など大変ご苦労様でした。
 邪悪に満ちたマスコミに翻弄される政治情勢を見るにつけ北海道において「日本一新」の志を発信し始める事の大事を痛感しました。

 それにしてもいつもながらの小沢潰しの新聞、テレビの論調には憤りを感じながらも無定見な民主党議員の多さには改めて驚かされます。
 
  「国民の生活が第一」を熱望する国民の負託に如何に応えるつもりなのでしょうか。

 ともあれ、私たちはめげずに頑張るしかありませんね。

 シンガポールから戻ってその侭の参加でして鞄にチョコレート一枚しか入っておりませんでしたので大変失礼しました。

 彼の国は、同じアジアでありながら実に元気一杯で10%の成長率(日本では3%と言われていますが)で空港も、港も、24時間稼働し、街中に限らず、コンベンションセンターや証券取引所も人で溢れ北海道より少ない500万人でインドネシア、マレーシア、タイ、インド、サウジなど、東南アジア、南アジア、アラブのコントロールタワーになっているエネルギーには嫉妬すら感じます。

プロフィール

nipponissin1

Author:nipponissin1
   代    表 : 平野 貞夫
   顧    問 : 戸田 邦司
   事 務 局 : 大島 楯臣

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
動画
 
最新記事
リンク
一新のトランク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Translation Tools
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!
Powered By FC2ブログ